あの世でも、経済発展か? | 中国ネタ帳
2012/03/31 - 面白ネタ    No Comments

あの世でも、経済発展か?

中国の墓参り

日本ではお盆と春分、秋分にお墓参りする習慣がありますが、中国では春のこの季節がお墓参りの季節です。

清明節と呼ばれているこの季節のお墓参りの時には、中国では「紙銭」という紙で作ったお金を燃やします。

紙銭を焼くと天に届き、あの世で紙幣として使うことが出来るという風習なのですが、最近では現実世界の「経済発展」化を受けて、いろいろな物を燃やすようになりました。

中国の墓参り

中国人は、貴金属が好きですね。

中国の墓参り

着替えも、やっぱり必要です。

中国の墓参り

なんとここにも中国製iPhoneとiPadが。。。

ちなみにiPadは大人気で、供え物を売る店では品切れ状態になったりとか

中国の墓参り

あの世でも、IT技術が必要になるかもしれません。

中国の墓参り

これはよく出来ていますね。住みやすそう!

中国の墓参り

定番の紙銭だけど、ゼロが多すぎます。

中国の墓参り

「紙銭」も、ちゃんと金庫で保管しないとね。

 

中国の「紙銭を焼く」文化は昔から存在していて、別に悪くないと思いますが。。

毎年この季節になると、環境問題はさらに厳しくになるでしょう!

コメントを残してください!

中国ネタ帳.com